HANA SITE

HANA SITE

花の進化

シダから進化する種子植物、そして、おしべに関しては、観点から花粒粉のうをつける胞子葉を見ること、雌ずいは大胞子のうをつける胞子葉から来ます。
花びら、萼は、大胞子葉(小胞子葉)が先端から一列に並べられる不まじめの残す短い構造をとても備えていて、詰まっていたと、起源のものと1つの枝であることが全部の花の構造が考えることができるようであるということです。
したがって、花は雌ずいとおしべ(1つの限られた茎頂)を含んで、胞子葉(花葉)と中で(少ないものがあります)無菌の所有物によるものです。
構造が一般的である形をとること)に関しては、裸子植物とほとんどは風好きの多い花です。
被子植物は、多くの装飾的な構造(例えば花びらと萼)をしばしば加えます。したがって、構造に関しては、大胞子葉に由来する雌ずい、おしべが小胞子葉から得た形と結局外へ、センターで外へ葉囲いに由来して外へ葉と萼に最も由来する花びらで、それはあります。
花びら、萼は一括して花被と呼ばれています。
被子植物の花が進化した2つの理論が、大いにあります。
私は1 1 1おしべ雌ずい花被1の花を原始的であると思います。
そして、複雑な構造の徐々にものが見えた意見によって、それは新しいエングラー・システムの理由です。
私は花をそれと考えます多数のおしべ(雌ずい)、花被は最初の軸のまわりで螺旋で線をつくりました。
そして、書式が徐々に配置されたと考えるもので、クロンキスト・システムはこれに基づきます。
それはDicotyledonesロープです。
そして、ラン・アイが単子葉植物の植物ロープで最も進化するとき、最も進化しなければならなくて、クロンキスト・システムによって、キク・アイをしなければなりません。